定型業務、否定形業務の切り出しにより、社員のみなさんがコア業務に専念できます。