ありそうでなさそうだった「神ツール」です。
文字の書かれた帳票やFax情報

どうにか電子データにして二次利用、コピペ利用のニーズは多いですよね。
少し前であれば

帳票画像データを印刷し画像をスキャナーで読込専用OCRソフトで文字変換して活用
又は
画像データを見ながら、転記(手入力)

二択でしたが

ドキュメント界の雄、アドビからの刺客「Adobe Scan」

使い方やダウンロードは「Adobe Scan」でググってください。

何がすごいか?

アドビ社は言わずと知れた「Acrobat Reader:PDF」を世界に知らしめた会社
多分、企業のほとんどの方は利用経験や見た事はあると思います。

PDF変換した画像(文字)はテキストにコピペ出来るの知っていましたか?
PCであればPDFを開いて、文字上をマウスで選択しコピーしてOAツール等にペーストすれば
そのままOCRと同様の変換が可能です。
・PDFファイルに保存できれば画像文字をテキスト文字(修正可能)に変換が簡単に出来ます。

これだけでも凄いですよね。
世界中のOCRメーカーがひっくり返ったと思われます。

そこで冒頭の「Adobe Scan」です。
ドキュメント界の雄、アドビのPDF作成をスマホのカメラで撮った写真(画像)を
PDFに変換してくれるソフトが「Adobe Scan」です。

手順は簡単

・専用のアプリをダウンロード(iPhone版、Android版あり)
・スマホカメラで該当画像を撮影
・ アプリにて写真をPDF化(PCに取り込むと便利)
・PDF化された画像から必要な文字をコピペ

以上です、これが無料で出来るのです。
まさに神アプリです。

スキャナーやOCRソフトも不要でデータ変換作業をしている方には必見です。