昔にあった、ホントの話です。

ちょっと昔の、オフコンと言われるオフィスコンピュータは最近の小型PCとは
比べ物にならない位大型でちょっとしたタンス位の大きさのコンピュータを
専用のコンピュータ室等に配置していました。

当時、この大型コンピュータは計測装置のデータ通信用に使用し
24時間の装置稼働に合わせて停電対策の「無停電電源装置(UPS)」として
大型の蓄電バッテリーを配備しておりました。

これがあれば雷シーズンの瞬停でもちょっとした災害時にも
コンピュータ電源には影響を及ぼさずに休日もゆっくり休養が出来ると
踏んでいました。

ある、夏の夕立(雷)後の暑い休日に電話が(当時は固定電話)
「停電による緊急呼び出しの連絡が。」

UPSもある事だし、コンピュータには影響が無いはず??
と思いながらも現場に直行。

UPS自体は正常に動作してますが、コンピュータが止まっています。

原因は夕立の雷による、瞬停で室内エアコンの電源がOFF

エアコンの無いコンピュータ室の室温が一気に上昇し
コンピュータが熱暴走で停止・・・

こんな、暑い日のお粗末な出来事でした。