M(メガ)とかbps「ビーピーエス」とか「何よ!」
と突っ込まれましたので、ちょっと整理してみます。

ここで、分類しなくてはならないのは
「情報量を示す単位」と「用途を示す単位」を分けてみます。

「情報量を示す単位」

例えば、数値の羅列を見せられ「5,453,200,000円っていくら?」
と言われると、一、十、百、千・・・と数えたくなりますが。
これを、「,カンマ」で区切ってみると。

「用途を示す単位」

次に出るのが、使用用途の単位です
通信速度の単位:bps(Bits Per Second)の略で、1秒間にどれ位の
データを転送で出来るかを表す。

データ容量の単位(これはデジカメメモリーカードやハードディスク容量等の単位です)
B(バイト)と言う容量単位を使います。

以上を組み合わせると。
モバイルWifi 42Mbpsと言うと42,000,000bpsとなります。
細かいことは言わずに、水道管の土管径が太くなったとお考えください。

デジカメSDカードが4MBと言う事は4,000,000Bになります。
写真やムービーや音楽がイッパイ入ると言う事です。

キロ、メガ、ギガは1,000倍ずつ大きくなった単位です。
技術の進歩で速度や容量が大きくなったと捉えれば良いと思います。