課題:

安全運行の管理から定期的にドライバーに対しての安全運行教育が義務付けられている。
現状では複数の事業所に点在するドライバーに対して、日程を決めて本社会議室で集合教育したり時間差のあるドライバーに対しては、講師が拠点事務所に出向き研修を行い

移動時間や集まり具合がバラバラで講師側も受講者側も大きな負担になっていた。

プロセス:

何か良い方法が無いか、まちの総務に相談した所
拠点間の会議室にPCを設置してZoom会議システムを活用すれば
講師が移動せずに社員研修が可能な仕組みを提案いただく。

自社内にPCやシステム取り扱いの専任者がいないため、購入物の選定から導入までのサポートをしていただく。

効果:

各拠点の会議室に大型モニターと中古PCを拠点分(4拠点)購入して、Zoom会議システムを導入
当初は講師も受講者も戸惑ったが、今までのような研修スタイルでは無く、移動や時間的規制がなくなり
安全研修の開催が融通か利くために双方にメリットが出て助かっている。

特にこの業界はアナログな世界で社内にも専門の担当もいないので
どうしても新しい事が遅れがち
このようなITサポートは中々デジタル化対応が出来ない
我々のような会社では大助かりです。

このモデルは少ない投資で他の会社でも参考になりますので是非お勧めです。

お客様プロフィール

群馬県太田市近隣
運送業のお客様、複数事業所で多くのドライバーを抱えるお客様