保険料控除申告書サンプル

サラリーマンの人は、10月から12月までの間に勤務先から年末調整の書類の記入と提出を求められます。
この書類には記入欄がたくさんあっていかにも書くのが難しそうです。
また、年に一度の手続きであることや、ときどき書類の様式が変わることもあり、記入方法がなかなか覚えられません。

ただ、この手続きは自分が1年間に払うべき税金の額を確定させるとても重要なものです。

扶養控除等(異動)申告書 サンプル

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書とは?
扶養控除申告書には、以下のように記されています。
◎ この申告書は、あなたの給与について扶養控除、障害者控除などの控除を受けるために提出するものです。
◎ この申告書は、源泉控除対象配偶者、障害者に該当する同一生計配偶者及び扶養親族に該当する人がいない人も提出する必要があります。(「平成31年分」より抜粋)

保険料控除申告書とは?
納税者が一定の条件を備えた生命保険契約等に係る保険料または掛金を支払った場合に、その年に支払った保険料等をもとに計算された所定の控除額が総所得金額等から控除される。

しかし、年一回の行為だとしても何となく「申告書」は「深刻書と言うほど」面倒ですよね。
丁寧でやさしい総務担当がいてくれれば、毎年説明して頂き面倒ながらも記載していましたが

怖いお局さん的担当者であれば「また(怒)自分でやって」と言われるのもこの申告書

では、どうしましょう。
今年は頑張って記載しましょう

スマホカメラ「撮影」しておきましょう。

そうすれば保存されて来年は「怖い担当に聞かずとも」
昨年の写真を確認して、そのまま記載(大きな変更なければ大体一緒です)
これでOKです。

意外な盲点ですが、地味に効果大です。
お試しあれ