システム開発を行うにあたり
ユーザー要件定義と言うフェーズにて、
利用部門のユーザーから様々な要望を聞きますが。

そのままをシステムに組み込むと落とし穴があったりします。
現場は意外にも自分の問題点が解っていない事が多々あります。
思い込みも有ります、声の大きい人に引っ張られる事もあります。

実際は難しい部分も有りますが、システムエンジニア(SE)が
相手の業務を理解し、シンプルに枝葉をそぎ落として行く
フェーズが必要です。

機能追加はその後です、

シンプルな機能を使いこなせないユーザーやシステムでは
やっぱり使えません。

システムを作る上で御用聞きは必要ですが
何でもやりますは危険です。

時には出来ないことを率直にお話し
何が出来るかを伝える事が重要です。