クリックでHPへリンク

まちの総務では ファシリティマネジメント(※) 事業社との事業連携も行っております。
まちの総務を通じて「溶接ヒュームの管理について」の問合せを頂きました。

溶接ヒュームとは
アーク溶接時に発生する「溶接ヒューム」は、アークの熱により溶かされた金属が蒸気となり、その蒸気が冷却され金属の細かな粒子となったもののことです。 この「溶接ヒューム」には今回特定化学物質として認定される

お客様情報

会社名:株式会社ウエノテクニカ
住所:〒376-0013 群馬県桐生市広沢町5-1311
事業内容:群馬県桐生市にて自動車車体組立設備及び各種自動化装置・ラインの企画・設計・製造を行っております。

要望内容

厚生労働省では「令和3年4月1日から施行・適用されます「金属アーク溶接等作業について健康障害防止措置が義務付け」の対応策についての相談
環境測定から対応措置(具体的な進め方)について専門家のアドバイスをお願いします。

要望回答

まちの総務では ファシリティマネジメント(FM) 関連事業社と事業提携を結んでおります。FM環境管理の専門家に相談して対応させていただきます。

要望の結果

FM事業社の専門家担当が現場を訪問して、法令化概要の説明から環境管理の進め方をレクチャー。
現場の担当者と日程を調整して「環境測定:溶接ヒューム測定」を手配して測定を実施。

総務担当者の声

実務を行う上で、社員の安全管理や環境管理の重要性は理解しているものの、少ない人員や専門家が少ない中で、総務担当だけでは対応仕切れない状況でした。
今までは手探り状態で進めていましたが
その様な時に身近で対応していただける専門家がいると何かと安心です。