私たち日本人が集団行動をとりがちなことは自他ともに認めるところですが、
そうした傾向を心理学では『多数派同調バイアス』と呼んでいます。

これは簡単にいえば自分以外に大勢の人がいると
とりあえすまわりに合わせようとする心理のこと。

この商品はお得意さまにはどちらのご家庭でもお使いいただいておりまして
ありがたいことに評判もよろしいんですよ

なので、先の言葉が販売促進の決め手になるこつな立場の人と似た行動をとろうとすると
いうのも、そもそも人間は自分と同じような立場あ人と似た傾向があるのです。

心理学用語に『準拠集団(自分が属する集団)』というのがありますが
たいていの人は、この準拠集団に属する人と同じように振る舞いたがる傾向があるのです。

人は、仲間はずれや笑いものの対象にされるのを恐れるあまり
他の人となるべく同じ行動をとろうとする生き物だということです。