ある商品を買おうとして「この料金は残り3個!」といった表示を見たことはありませんか?

これが「希少性」です。
この心理的原則は、需要と供給というシンプルな公式に端を発しています。
つまり機会、コンテンツ、商品が希少であればあるほど、その価値は高まるという公式です。

・今買わなければもう二度と手に入らないかも!
・入手困難だから、ある程度高額でもそれだけの価値があるように思う
・数が少ないんだから、他人もうらやむはず

ステファン・ウォーチェルという社会心理学者が、瓶の中に入ったクッキーを被験者に食べさせ、その味の感想を述べてもらうという実験を行いました。

実験では片方の瓶にはクッキーが10枚、もう片方の瓶には同じクッキーが2枚用意されていました。

そして、どちらも全く同じクッキーであるにも関わらず、参加者は2枚しか入っていなかったほうのクッキーに、10枚入っていたクッキーの2倍もの点数を付けたのです。」

ただ、この原則を使用する際は、言い回しに気を付ける必要があります。「もとはたくさんあったのだけれども、人気があるためにあと少ししか残ってない」というアプローチをとれば、効果が期待できます。